忍者ブログ

アルミビジョンのブログ

某所から移転してきました。 主に音ゲーシミュ用の何かとDTM。

[1]  [2]  [3

twitterで昨日ちょっとだけしてた話をブログにしました。
社会人になってから(もう3年目なのだなあ)、
Local Busというバンドを後追いで追いかけ始めています。

Local Busは野見山睦未さんとながしまけいじさんの2人組のバンドです。
(「ユニット」という方が正確かもしれませんが、ライブ写真見てるとバンドのほうが近そうな…
ちなみに野見山さんのボーカル以外の楽器担当はライブ含め結構流動的です)
アニメ「ポポロクロイス」の2期ED(およびその原作ゲームのED)を担当したことで一部のオタクに有名で、
最近だと野見山さんが単独名義でアトリエシリーズの挿入歌を歌った所からたどられてやはり一部のオタクに再評価を受けています。
実際最近アトリエ経由で知った方がメンバーにいるバンドから呼ばれて名古屋でライブされてたとのことで。

…いや、もちろん一般の人たちにも受けはいいとは思いますが。

そんなわけで最近私の激推しバンドなLocal Busなんですが、
推すときに問題になるのが「楽曲が非常に入手しづらい」という点です。
理由としては、
・すでにインディー回帰して時間が経ってしまっているのでCDは絶版になってしまっている
・上記の再評価の流れで中古CDはプレミアがついている
・メジャー当時の所属のBMG JAPANがなくなったので配信も期待できない
・インディー回帰後は回帰後でCDの販路がかなり狭い
 (一応ネットショップでフォローされてはいます)
が挙げられます。
なんなら私もメジャー時代のシングル持ってません。

「おすすめするのに音源ないのもな…」と思ったので、
以下にCDごとに簡単な解説を書きます。

なお、メジャー時代のCDについてはレンタルについても触れています。
HDDにJ団税がかけられるこのご時世なので問題ないとは思いますが、
気になる人は読まないほうがいいかもしれません。
PR
ウルトラマンR/B、放送開始したあたりのタイミングで私の観測範囲ですごく話題になってたのでNetflixで遡って見始めて、今日の最終回まで全話視聴しました。
全体を通して「ウルトラマン」である前にごく普通の兄弟であるカツミ・イサミ兄弟の心情と成長をギャグを交えて引き込みやすくしつつもしっかりと描いてて、
「特撮のある英雄譚」ではなく「特撮のあるホームドラマ」として独特の面白さがあるなあ、と思いました。

…ただ、前半から「伏線を張っているのだろう」と思ってたものが回収されてなかったり、
あと最終盤の展開にモヤっとしたりしてるのでちょっと吐き出します。
最近のウルトラマン自体今作で初めて視聴する(※)ので単に予習不足なせいで感じている部分があるのかもしれません、そういう部分はご了承ください。

念のためネタバレ隠ししますので続きからどうぞ。

(※)10話~13話のあたりで平行して前作「ウルトラマンジード」は見ました
ちゃんとまとめられる自信がないので箇条書きで
なんか思い出したら追記するかも

・大阪2日目
・最近ヒラサワ周辺に手を出し始めた昔馴染みと2人で参戦
 (ちなみに二人とも「平Pがらみの」どころかライブというイベント自体初参戦)
 彼の行動力がなければたぶん見に行ってなかった、本当感謝
・チケット番号だけで判断するなら3000人くらい同じ箱に入ってた?
・ざっと待機場所を見回す限り、我々二人も若い部類だと思い込んでいたのだけれど、
 さらに半分くらいの年らしき人もちらほらいた
 真面目にミュージシャンやってた結果あらゆる層に浸透してるのは素直にすごいと思った

・公式ついったでもあったように、物販はほとんどモノがなかった
 手ぬぐいとメモリアルパッケージだけなんとか確保
・2F後方左の座席で鑑賞
 ステージはよく見える
・ヒラサワと会人2人のスポットライトが「回」「=」「回」になってた

・1曲目が「Zebra」!
 1日目も1曲目がP時代の曲だって情報は仕入れてたけど、
 いざ今のアレンジでやってくれるとなんでもうれしい
・そのまま「Big Brother」になだれ込んで我々のテンションはいきなり高くなった
・上の2曲に限らず、演奏中にヒラサワと会人が面白い動きをしてシンクロしたり、
 向かって右側の会人とヒラサワがお互いにちょっかい掛け合うような持ち場移動したりといった、
 くすっと笑えるような演出もあった

・諸事情でアルバム入手がライブ前日になってしまったので新曲の予習がほぼできていなかった
・イントロを聴いて「この曲か?」と考える試みは割と外れまくった

・現場でライブを見てて思ったのが「配信より視野が狭くなるな…」ということ
 事実としてはカメラで定点を切り取り続けている宅オのほうが見える範囲は狭いはずなんだけど、
 ライブ現場の熱狂に飲まれると演者ばっかり見えるようになってしまう
 後半は意識してステージ以外(客席とか)どうなってんだろうと見まわしていた
(教訓)ライブハウスは音以上に光が家では体験できない
 
ライティングめっちゃかっこいいので残りの公演で機会があればぜひ

・終盤、gipnozaからの曲が3連打くらいされてるときの1Fのテンションが完全に世界を制覇したロックバンドのそれ
白い会人はデカい(既成事実)

・ほぼすべての新曲をまともに聴けてない状態で臨んで感じたのは
 「回=回はそれまでの核Pよりいくらかカドが取れた?」ということ
 この箇条書きを書きながら改めて各アルバムから何曲かずつ聴いたんだけども、
 ビストロンとgipnozaは「初期Pのテクノパンクを当時の最新のヒラサワの技術でよみがえらせた」感じがするのに対して、
 回=回は「今のヒラサワの曲作りにPっぽい音を取り入れた」、ちょうど逆のような感じがした
 エグいシンセ音色は引き継いでるんだけど、曲全体は最近のヒラサワソロみたいにちょっと救済方面に振ってる感じ
・それでもライブセットの中に組み込まれると全部一体感あるのすごい
連日書いていた名古屋旅行もついに最終日分となった。
素面になったからと言って文章がまともとは限らないが、まあ寝そうになって無理やり仕上げることはないと思う。

6:00、起床。
ひとまずは取っ散らかった服を全部畳んでリュックに押し込める。
今日は名古屋城に行く予定だったのでその経路確認だけ済ませて出発。

名古屋城の開放は9:00からだったのだが、
そのあたり乗り換えで余裕を持ちすぎて8:30くらいに到着した。
仕方ないのでそのあたりの小路っぽいところで時間をつぶそうとしたものの、
ローカルTVの番組撮影のために人払いを食らった。
ならば場内だ、と思ってすすんだものの、
今度は大相撲があったせいで喫茶部が使えなくなっている始末だった。
諦めて一度逆方向に行ってサ店で待機することに。

(こういうときテレビ断ちしてるとすごく困るんだよなあ)

ちなみにお目当ての名古屋城自体も改装だらけで見るところがほとんどなかったことを書き添えておく。
間の悪い日というのもある。そういうことにしておこう。

この後、正午付近は一度栄に戻って某旅行情報サイトでおススメされていたハンドメイド雑貨屋に向かったのだが、
グーグルマップを信じて移動した結果何もないという奇跡が起きたので空振りだった。


昼からはあえて徒歩で栄から名古屋へ移動して、
その間の飯屋で昼食にしようと考えていたのだが、
ここでもミラクルバカをやらかし大須の方向へ行ってしまった
今思えば行きに見かけなかった結婚式場があることに気づいた時点で間違えていることにも気づくべきだった。
ちなみに大須ではよさげな飯屋が見つからなかったので、
暑気が入ってしまっていたのもあり諦めて名古屋駅周辺まで地下鉄で移動した。

駅周辺の飯屋はどこも混んでいたので、
近くのカラオケ屋で一時間潰してからもう一度回った。
結局入れたのは駅中のラーメン屋だった。
その後、もうどこかを回る気力がほとんどなかったので、
せめてもと思い駅前から見えていたネジネジしたタワーを撮って屋内に引っ込んだ。

5時ごろの新幹線で大阪に舞い戻る。
最終日だけやけに間が悪かったのは何なんだろうか。

というわけで、今大阪の家でこの文章を書いている。
愛知は院生時代から2年ぶり2回目だが、
自分から探せばいくらでも見るところはあったと思う。

逆に言うと、観光地が探せてないと本当につまらないので、
もしこの文章を見て愛知に行こうと思った人がいるなら事前の準備はしっかりしていただきたい。

昨日に引き続き、名古屋旅行の日記。
べろんべろんな状態で書いてるのも引き継いでしまっているので、
文法がとんでもないことになっていても笑って許してほしい。


7:00、起床。ザクっと身なりを整えた。
「名古屋の喫茶店はモーニングが豪華」というのを実家にいた時代にテレビで聞いていたので、
予定の再確認もかねてホテル近くのコメダに入った。
確かにコーヒー一杯の価格でトッピング付きのトーストがついてくるのはお得だ。
(兵庫でその辺のサ店に行ったら同じだけもらうのにコーヒー2杯分くらいの金額になるだろう)

今日の予定は愛・地球博の跡地にできた公園を回ること。
栄から地下鉄で藤が丘まで出て、リニモで公園前まで行った。

暑い。ひたすらに暑い。
パーク内でも「警戒情報出てるぞ」と何度も放送があった。
こちらはポカリ1本くらいしか武装していなかったので、
結局1時間程度園内を歩き回った程度でへばってしまった。
とりあえず林間でいろいろ撮れたので良しとはする。

いや良くはない。10時半にして今日の予定がすべて終わってしまった。
かといってもう園内に戻るのはしんどいし…
結局一度JR名古屋駅まで戻ることに。

名古屋駅についた時点で11時半くらいだったので、
少し早めに昼食をとることにした。

味噌煮込みうどんのうどんをきしめんに変えた亜種を食べた。
味噌の味自体はうまいが味噌が他の味を塵殺していた。
私には味噌ごり押し系はあまり合わないのかもしれない。


午前だけで終わらせるわけにはいかないので、
ググって出てきた観光地、名古屋港周辺に行くことにした。

ただ、水族館に行く気はあまり起きなかったので、
名古屋港周辺の遊歩道エリアを一周ぐるっと回って終わりになった。
一応フードコートみたいな商業施設だったり子供向けの遊園地みたいなのもあったのだが、
ちょっと一人旅で入るには気が引けた…
近くの結婚式場が一番興味をひかれた建物かもしれない。

栄に戻る前に金山に寄ったが、特に何もしなかったので省略。

栄に戻ってきて、NHKビル前の「オアシス21」という商業施設に行った。
中央に波模様のような揺らめきが起き続けていて、
何かなあと思って上を見上げると天蓋に水を湛えたなにかがあった。
そのなにかから下を見下ろすとそれはそれで幻想的な光景だった。めっちゃ怖かったけど。

栄は「幅が広い通りがあって、その真ん中に小さな広場がある」という構造の道路が割と多かったように感じられた。
その広場では世間的にも三連休なので人は結構多く、
企画ストリートライブをやってるような広場もあった。
だが、暑さで限界を感じてきたのでそのあたりをガン無視してホテルに戻った。


夕方から再び街に出て、夕食を食べに行った。
入ったのは名古屋コーチンを推している店で、そこの親子丼と串盛り合わせを食べた。
肉のほうは舌がバカすぎてよくわからなかったが、
卵のほうはいつも食べてるものと比べて重さと濃さが段違いだと感じた。

そのあとは日暮れ時の写真が欲しくてもう少しうろうろしていたのだが、
その最中にオクトーバーフェストに遭遇。
うっかり足を運んでしまい、うっかりガッツリビールを飲んでしまい、
若干怪しくなった状況でとりあえず写真だけは撮ってホテルに戻った。


明日は名古屋城の外観だけは撮りに行って、
そのあとは雑貨屋で自分への土産を、どこかで職場と友人向けの土産を買う予定。


HOME 次のページ

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[11/28 ナイラー]
[11/04 NONAME]
HN:
ナイラー
性別:
非公開
P R

忍者ブログ [PR]
template by repe